top of page

. シニアの金融と資産運用





シニア世代にとって、限られた収入の中で賢くお金を使うことは、まさに「質素ながらも豊かな生活」を送る秘訣です。例えば、旅行が好きな方は、遠くへ飛ぶ代わりに、近場の隠れた名所を訪れることで、新たな発見と楽しみを見つけることができます。まるで、庭の小さな花が意外な美しさを放つように、身近な場所にも価値はあるのです。


趣味にお金をかけたい方は、高価な道具を購入する代わりに、手作りやDIYに挑戦してみることで、創造性を発揮し、同時に節約にも繋がります。これは、古い布を再利用して新しいファッションを生み出すようなものです。資源を有効活用することで、無駄な出費を抑え、環境にも優しい選択となります。



また、外食を控えて自炊をすることは、まるで自分だけのレストランを開くようなもの。自宅で料理をすることで、食費を抑えるだけでなく、健康にも良い影響を与えます。地域の無料イベントに参加することは、近所の祭りに顔を出すようなもので、コミュニティとのつながりを深める機会となります。



家計簿をつけることは、航海に出る船が羅針盤を頼りにするようなものです。支出を管理することで、財政の舵取りをしっかりと行い、無駄遣いを減らすことができます。これにより、将来に向けた安心感を得ることができるでしょう。


シニア世代にとって、賢い投資は将来の安定した収入源を確保するための重要なステップです。投資は、まるで庭に植えた木がやがて実をつけるように、時間をかけて成長し、収穫をもたらします。低リスクの投資を選ぶことで、安心して老後を過ごすための財布を育てることができます。

例えば、定期預金や国債などの安全な投資から始めることで、リスクを最小限に抑えつつ、確実な利益を目指すことができます。これは、小さな種から始めて、着実に成長させる農業と似ています。また、分散投資を行うことで、一つの投資が失敗しても他の投資でカバーすることができ、まるで複数の網を海に投げる漁師のように、リスクを分散させることが可能です。

さらに、投資には知識が必要です。金融の専門家に相談したり、セミナーや書籍で学んだりすることで、まるで航海の前に地図を学ぶ船乗りのように、賢い選択をするための準備を整えることができます。投資を通じて、シニア世代は経済的な自立を目指し、充実した老後を送るための基盤を築くことができるのです。





このように、シニア世代が賢くお金を使う方法は、日常生活の中で工夫を凝らし、小さな喜びを見つけることに他なりません。それは、限られたキャンバスの上で、色鮮やかな絵を描く画家のようなもの。資源を最大限に活用し、生活を豊かに彩ることができるのです。



 


著者:合同会社Libiness(りびねす)

  りびねすシニアライフ研究部所属

         

 堀川季比咲(ほりかわ としひさ)介護とフィットネスの垣根を

なくしたフィットネスクラブ りびねす創設者

 

シニア生活コンサルタント・介護予防コンサルタント・


シニア世代の皆さま、老々世帯の皆さま、一人世帯の方が安心して生活ができるようにアドバイスしセミナーを通じて家族が介護離職しないような方法を一緒に考える活動をしています。全世代の皆さんがよりよい生活を送れるようなことを考え取り組んでいます。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page