top of page

楽しみは認知症予防に効果抜群!

更新日:2023年5月24日

楽しみは、認知症予防に効果的であることが多くの研究で示されています。楽しい活動に参加することで、脳を刺激し、神経回路を活性化させることができます。以下では、楽しみと認知症予防の効果について詳しく説明します。




社交活動


 社交的な活動に参加することは、認知症予防に役立つとされています。友人や家族と一緒に過ごすことで、脳が新しい情報を処理するための神経回路を活性化させることができます。また、社交的な活動に参加することで、ストレスを軽減することができます。ストレスは、脳の健康に悪影響を与えることが知られています。





芸術活動


 研究によると、芸術活動が認知症予防効果的であることが示されています。以下にその 具体的な理由について説明します。


  1. 脳の活性化:芸術活動に従事することで、脳が刺激され、活性化されます。脳は、刺激がないと衰えることがあるため、芸術活動によって脳の衰えを防ぐことができます。

  2. 認知機能の改善:芸術活動は、認知機能を改善することができます。認知症の初期段階では、記憶力や集中力などの認知機能が低下することがありますが、芸術活動によってこれらの機能を改善することができます。

  3. 社交的な交流:芸術活動は、社交的な交流を促進することができます。認知症は孤独感や社会的孤立感を引き起こすことがあるため、芸術活動によって社交的な交流を促進することで、認知症予防につながると考えられています。

  4. 精神的なリフレッシュ:芸術活動に従事することで、ストレスや不安を和らげ、心をリフレッシュすることができます。認知症の発症には、ストレスや不安が関係していることが知られているため、芸術活動によるストレスの軽減は認知症予防につながると考えられています。

以上のように、芸術活動は認知症予防に効果的であるとされています。認知症予防には、生涯にわたって脳を刺激することが重要であり、芸術活動はその一つの方法として考えられています。




身体活動


  1. 運動と楽しみの関連性は非常に強いです。運動が楽しいと感じられると、運動を継続することができ、健康に良い影響を与えることができます。

  2. 心身のリフレッシュ:運動は、ストレスや疲れを解消し、心身をリフレッシュする効果があります。運動をすることで、脳内で幸せホルモンと呼ばれるエンドルフィンが分泌され、気分が高揚することがあります。

  3. ソーシャルな交流:運動は、個人的に楽しむだけでなく、他人と一緒に楽しむこともできます。例えば、スポーツチームに参加することで、新しい友達を作り、交流することができます。

  4. 挑戦と達成感:運動は、自分自身との戦いでもあります。新しい運動に挑戦したり、自己の記録を更新することで、達成感を感じることができます。

  5. 自己肯定感の向上:運動によって、自己肯定感が向上することがあります。自分ができることが増え、自信を持って自分自身を肯定することができるようになります。


以上のように、運動を楽しむことで、心身がリフレッシュされ、ソーシャルな交流を楽しむことができ、挑戦と達成感を得ることができ、自己肯定感も向上します。これらの効果があることで、運動が楽しくなり、継続することができるようになります。


楽しんでできることを続けて楽しい生活を続けていきましょう♪




 

著者:合同会社Libiness(りびねす)

   りびねすシニアライフ研究部所属

堀川季比咲

介護とフィットネスの垣根をなくしたフィットネスクラブ りびねす創設者

       シニア生活コンサルタント

      老々世帯・高齢者一人世帯が安心して生活ができるようにアドバイスしたり

       セミナーを通じて家族が介護離職しないような方法を一緒に考える活動を   

      しています。

 

フィットネスクラブ りびねす


住所:上越市新光町2-3-6(上越大通り沿い)

電話:025-512-7077(土日祝日休み)


  • ホームページはこちら https://www.libiness.com/

  • ★【りびねす】は上越市の健康寿命を延ばすための活動をしています。

上越市認定施設のため、介護保険が使えるシニア健康運動クラブです。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page