top of page

血管年齢逆転!未来の健康を築く

血管の健康を保つことは、動脈硬化などの危険な病気を予防するために重要です。血管年齢を若返らせるためには、食事や運動の改善が役立ちます。

食事改善が始まりです。毎日の食事は基本であり、血管の健康に大きな影響を与えます。高い血管年齢は、動脈が硬く詰まっている状態を意味します。血液がドロドロになる可能性があります。


 食事の改善によって血液の流れが向上し、若返りを実感することができます。以前は老化は逆戻りできないとされていましたが、最近の研究で生活改善と運動によって若返りが可能であることが示されています。できるだけ早く対策することが重要です。遅くなるほど、若返るまでの時間がかかる可能性があります。

日々の食事で心がけることは、血液をサラサラにする食材を摂取することです。タマネギ、ニンニク、青魚、納豆などがおすすめです。これらの食品を毎食取り入れることで、血液の流れが改善し、血管年齢も短期間で若返る可能性があります。 食物繊維の摂取も重要です。水溶性の食物繊維はコレステロールを下げる効果があり、食べ物の胃から腸への移動を遅らせる効果もあります。これにより血糖値の急激な上昇を抑えることができます。


塩分摂取にも注意しましょう。塩分中のナトリウムは血圧を上昇させるため、高血圧のリスクが高まります。高血圧は血管を硬化させ、弾力性を失わせる可能性があります。カリウムを摂取することで塩分の排出が促進され、血圧が安定します。カボチャ、ニラ、ミズナ、スイカなどがカリウムを豊富に含んでいます。





過度の食事や飲み物にも注意が必要です。食べ過ぎると余分なカロリーが脂肪として蓄積され、動脈硬化のリスクが増加します。適切な量を意識して摂取しましょう。


 

著者:合同会社Libiness(りびねす)

  りびねすシニアライフ研究部所属

堀川季比咲

介護とフィットネスの垣根をなくしたフィットネスクラブ りびねす創設者

シニア生活コンサルタント

老々世帯・高齢者一人世帯が安心して生活ができるようにアドバイスし

       セミナーを通じて家族が介護離職しないような方法を一緒に考える活動を   

       しています。

 


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page